wimaxを申し込みした場合にはクーリングオフの対象外になっています

wimaxを申し込みしたケースは、クーリングオフの対象外です。
というわけですので、検討に検討を重ねた上で契約をするようにしましょう。
契約した後すぐ解約をすると、解除料や違約金などと名のついた金額が請求されます。
平たく言えば、携帯電話と同じような仕組みになっているのです。
インターネット利用時に、契約プロバイダによって通信速度には差異が出てくるという結果が観察されます。
プロバイダの比較は、非常に難しいというのが実情ではないかと思います。
ネット上の口コミに基づいて判断するしかないので、私は顧客満足度ナンバーワンのプロバイダを使用中です。
フレッツwi-fiが繋がらない場合には、一回すべての機器の電源を落としはじめから接続をやり直してみるといいと思います。
そうしても接続ができない時には、初期設定を丁寧に見直してみます。
カスタマーサービスに質問すれば親切に説明してくれますが、電話があまり繋がらないのが玉にキズです。
プロバイダは多数あり、選び方も千差万別です。
でも、現金還元のキャンペーンをやっていたり、無料で使用できる期間が数か月あったり、月々の利用料が安いプロバイダにすぐに決めるのは奨励できません。
どんな目的でネットを利用するかにもよりますが、通信速度やトラブルの有無などを重要視する方が後々の満足感につながるでしょう。

光インターネットのプロバイダの選び方は?【キャンペーン&価格比較】