光回線契約時のトラブルとは?

最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなってきています。
そのような事態を鑑みて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を定かにいたしました。
このプロバイダのほうがお金がかからないといわれて、今のASAHIネットやDTI、ocnなどのプロバイダに乗り換えをしたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、金額はかなりサイフに優しい価格でした。
でも、頻繁にネット回線の調子が悪くなってしまったり、速度が低下したりで、前のぷららとかDTI、So-netなどのプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
ぷららとかBIGLOBE、So-netなどのプロバイダを乗り換えたのは安易な考えだったと、悔いています。
契約しているスマホの2年縛りの契約が終えたら、次にどうするか迷っています。
この間、ワイモバイルという存在を知りインターネットで調べているのですが、下取りキャンペーンというのがあることを、知ったのです。
下取りのお金がかなり気になります。
お金次第では、下取りに出すこともいいと思っています。