ひと月ごとに請求される光の通信料はあまり気にしてないかもしれませんね

ひと月ごとに請求される光の金額は定められた金額を差し引かれているため、それほど意識していないかもしれませんが、携帯などの料金と合算すると、毎月かなりの代金を通信代金として納めていることになります。
いくつかある選択肢の中からちょっとでも安いプランで契約をまとめたいものです。
あまり有名ではないワイモバイルの場合、解約する際にかかる解約金を安価にしたり、契約の期間を縮めたりしてお試し期間を利用するようにすれば、契約する数が増えていくでしょう。
安さに魅かれても、1年以上の契約期間があっては、なかなか契約に踏み出せないものなのです。
引っ越しをした機会にプロバイダを変えました。
ヤフーADSLやDTI、ocnなどのプロバイダを変更しても、それまでのASAHIネットやBIGLOBE、ocnなどのプロバイダと全然違いを感じることはないので、ぷららとかDTI、So-netなどのプロバイダを変更して良かったな、と思います。
プロバイダのお金などは2年ごとの契約更新をする際に考え直すといいのではないでしょうか。

プロバイダー乗り換えと引越しについて