BTOパソコンアップルとは

BTOとはBuildToOderの略で、BTOパソコンとはユーザーのの注文に応じた部品で組立てたパソコンというのが本来の意味です。
アップル社のパソコンは、昔は自社でCPUを開発していましたが、現在ではインテル社のCPUを使っているので部品構成や拡張パーツも同じものが使用されています。
では、アップル社のMacProはBTOパソコンとして組立てられるか?というと、簡単にはいかないようです。
CPUはインテルでもマザーボードが独自のものなので、Windowsのような自由に組み分けにはいきません。
しかし、MacProと同スペックのBTOパソコンを比較すると、マザーボードと筐体を除けば、MacProの半額程度でBTOパソコンが組めてしまいます。
http://www.gekiyasu-pc-hikaku.com/